読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shadowtimesβ

ビジュアルレビューマガジン

スポンサーリンク

「澄毅レビュー& トークショー」3/19@PHOTO SQUARE 新風館

展覧会情報 トークショー アート 写真

f:id:shadowtimes:20160317105654j:plain

(C)Takeshi Sumi

以前、shadowtimesでもご紹介したパリ在住の写真家・アーティストの澄毅さんが日本に一時帰国して、PHOTO SQUARE 新風館(京都)で開催されている作品展に合わせて、ポートフォリオレビューとトークショーを行います。

プリントを物理的に手を加え、光と色の質感をつけていく、独特な手法で知られる澄毅さんの作品制作の秘密や海外での活動について、詳しく聞けることとと思います。ご関心のある方は是非足をお運びください。

 

詳細は下記HPより。

 

澄毅 レビュー

澄毅が1対1の作品制作のレビューを行います。パリを拠点にアーティスト活動を展開する澄毅が、作品を作っていくうえで必要なもの、海外での活動を踏まえた彼ならではアドバイス、などじっくりと作品に向き合い話し合います。海外での展開を志す方など、貴重な話を聞ける機会です。加えて、希望者にはgalleryMainディレクターの中澤有基にも作品レビューをして頂けます。

日時:2016年3月19日(土)/1人あたり25分のレビューを行います

会場:PHOTO SQUARE 新風館

料金:4,000円

タイムテーブル:希望の時間帯をお知らせ下さい。希望が無ければ(5)より順次詰めていきます。

(1) 12:30~ (2) 13:00~ (3) 13:30~ (4) 14:00~ (5) 14:30~

 

澄毅 トークショー

 

パリを拠点にアーティスト活動を続ける澄毅によるトークショーを行います。自身の作品制作の話から、海外で活動するということの実際、さらには日本と海外の違いなど、現場の話を聞ける貴重な機会です。

澄毅の作品は、写真に対して直接穴をあけたり、スリットを入れたり、さらに光を透過させるなど、その手法は自由自在です。写真に加工をするという一般的では無い手法は、美大出身の澄毅ならではのアイデンティティーとも捉えられます。1枚1枚に施された手跡は、光りを受け有機的に波打ち、写真という複製を唯一無二のアート作品へと昇華させていきます。

作品とともに、澄毅の核心に迫るトークです。

 

時:2016年3月19日(土)16時~17時

会場:PHOTO SQUARE 新風館

料金:1,000円(レビュー参加の方、写真集購入の方、作品購入の方は無料)

 

 

www.photo-square.jp

 

関連記事

 

shadowtimes.hatenablog.com