読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shadowtimesβ

ビジュアルレビューマガジン

スポンサーリンク

公開収録:三木学「感覚・言語・メディアをつなぐアート(技)」@npo recip/PORT

イベント情報 トークショー フランスの色景 芸術祭

 

shikanjima-port.jp

以下、HPより。

 

コネクタテレビ公開収録編vol.1/感覚・言語・メディアをつなぐアート(技) ―あいちトリエンナーレ2016、NAMURA ART MEETING’04-‘034などを題材に―

 

日時:2016年5月23日(月)
19:30 - 20:30 料金:無料予約:予約優先(定員20名)
問い合わせフォームよりご予約ください出演:三木学

お問い合わせ | PORT


今年からPORT内に事務所をお引越しした、npo recipの製作する番組[コネクタテレビ]の公開収録シリーズの第1回。
トークイベントとしてゲストのお話をお聞きしつつ、参加者の皆さんとのやりとりも含めて収録し、15分の番組にまとめます。

第1回目のゲストは編集や執筆、色彩研究からソフト開発まで、幅広く活動される三木学さん。
今回は、現在関わられている、NAMURA ART MEETING ’04-’34やあいちトリエンナーレのことを例に、三木さんの興味ゴトについてお話ししていただきます。質疑応答もあります。
ぜひご来場いただき、番組作りにご協力ください。

 

コネクタテレビ

http://www.connectortv.net
2004年10月より大阪のケーブルテレビで放送開始し、2009年3月よりインターネット配信するスタイルになった、アート・文化・生活に関する情報発信番組。


番組では、「アートってなんなの?文化ってどうなの?」と、アートや文化・芸術活動に関わる人々の動きや現場を取り上げています。
また、番組制作チームが文化・芸術活動を取材するという方法だけでなく、アーティストや現場スタッフなど活動の当事者や、関心を持つ人々が企画を持ち込み、撮影・編集までをする【持ち込み企画】番組もあり、これらの仕組みにより、様々な立場の人が様々な視点で作った番組を配信・アーカイブしています。番組はすべて15分弱で制作しています。


コネクタテレビ公開収録編
2016年1月末、npo recip(コネクタテレビの拠点)は、若手アーティストが集う大阪市此花区の、PORT内に移転しました。
住居・アトリエやカフェが同居するこの場を活用した番組作りと、収録過程を共有する企画として《コネクタテレビ公開収録編》を開催し、主に文化や表現などに関わりを持つ方をお呼びして、日々の活動や興味を抱いていることについてプレゼンテーションをして頂きます。
公開収録のスタイルで会場にお越し頂いた方々にも番組作りにご参加いただけます。収録した映像は後日再編集した後、公開します。

 

三木学
文筆家、編集者、色彩研究、ソフト開発企画他。
独自のイメージ研究を基にした編集、執筆、ソフト開発、ライセンス・マネジメント等を行っている。
近代建築、大阪万博、観光ペナントなどの著作、寄稿多数。
編著「大大阪モダン建築」、編集・執筆 ヤノベケンジ「ULTRA」他 。
あいちトリエンナーレ2016芸術監督、港千尋さんとの共編著「フランスの色景」(青幻舎)を上梓。あいちトリエンナーレ2016には、コラムプロジェクト「アーティストの虹―色景」に参加。

 

参考文献

 

フランスの色景 -写真と色彩を巡る旅

フランスの色景 -写真と色彩を巡る旅

 

 

ヤノベケンジ ULTRA

ヤノベケンジ ULTRA

 

 

 

大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。

大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。