読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shadowtimesβ

ビジュアルレビューマガジン

スポンサーリンク

山本聖子|Seiko YAMAMOTO  《One Day's Music Color》 

 今回はアーティストである山本聖子さんのスライドショー作品をご紹介します。
山本さんは、千里ニュータウンという、戦後日本において高度に均質化された新興住宅地で育ち、現在も制作拠点をかまえています。その計画的、人為的空間への身体的違和感を元に、不動産屋のチラシの間取り図を無数に切り取り、網目のように貼り付け、平面、立体作品にすることで知られています。
その後、メキシコやオランダでの滞在制作を経て、心身に及ぼす空間に漂う「気配」を色をモチーフに表現しています。
今回は、千里ニュータウンのマンションの高層階から、1日24時間、ピンホールカメラで定点撮影し、漂白された均質的空間がスクリーンのように、光と色によって変化していく様子を捉えています。
色彩的変化が音楽に変換され、奏でられていく様子を是非ご鑑賞ください。


shadowtimes編集部

 


One day's Music Color

 

山本聖子(アーティスト)

http://www.seikoyamamoto.net/

千里ニュータウンという大阪万博(EXPO’70)の会場跡地に隣接する、第二次世界大戦後、最初の巨大新興住宅地に生まれ育つ。都市計画が徹底している住宅街において、身体が拘束・監視されるような経験から、不動産屋の広告チラシに掲載されている間取り図を切り取り再構成して、内側を鏡面にした作品などを制作している。近年は、オランダ、メキシコの滞在制作を経て、都市と身体のイメージを色によって解き明かす作品制作を行っている。

今回の《One day's Music Color》は、住宅街の高層階のベランダからピンホールカメラを定点で設置し、1日24時間の太陽の光の変動を写真におさめ、明るさと色の変化が音楽とシンクロするようにスライドショーで表現した。

 

プロフィール

1981年大阪生まれ。2006年京都造形芸術大学大学院芸術研究科修了。主な個展に「色を漕ぐ-Swimming in Colors-」GalleryPARC(京都、2016年)、

グループ展に「AssembridgeNaogya2016」Minatomachi Art Table, Nagoya(愛知、2016年)など国内外多数。2011年Tokyo Midtown Award グランプリ、同年 Rokkoミーツ・アート芸術散歩 公募大賞。

 

Powerd by PhotoMuisc
http://photomusic.jp/

 

関連記事

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

 

shadowtimes.hatenablog.com