読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shadowtimesβ

ビジュアルレビューマガジン

スポンサーリンク

鈴木崇|Takashi SUZUKI  《Fictum -beat and vision》

PhotoMusic スライドショー 鈴木崇

今回は、台所用のスポンジを使って、即興的なアレンジで何種類もの仮の構築物を作り、その生成のアルゴリズムを示した「BAU」、影のフォルムを浮き彫りにし、物体のように捉える「ARCA」などの作品集の出版で注目されている鈴木崇さんのスライドショー作品をご紹介します。

鈴木崇さんは、現在、東京国立近代美術館で展覧会が開催され、注目されているトーマス・ルフが教鞭を務めていたデュッセルドルフ芸術アカデミーで、ルフに師事するとともに、トーマス・シュトゥルートのアシスタントを務めていた経歴があり、日本では珍しいベッヒャー・シューレの系譜に直接的に連なるアーティストでもあります。

もちろん、鈴木崇さん独自の展開がされており、写真のメディウムが生み出す新しい認知のメカニズムを、作品が生成されるアルゴリズムそのものを視覚的に示すことで表現しようとしているといえます。

今回、スライドショー作品として使用された《Fictum》(ラテン語で虚構の意)は、「BAU」などと問題意識が通底しており、都市における建築と建築の組み合わせが、ある種、即興的に生成される過程を捉え、そのダイナミズムとアルゴリズムが提示されています。そして、隣り合う作品は新たな建築の組み合わせとなり、連続性と非連続性が生み出され、無数のイメージの生成を繰り返します。

鈴木さんは、《Fictum》をスライドショーにするにあたり、1つのイメージから一つの音楽の小節を生み出すという、PhotoMusicの
特性を活かし、作品の制作スタイルを音楽に援用すると同時に、音楽の一部としてイメージを作りだすという逆転の発想の元に制作されています。
結果的に、スライドショー自体が音楽として完成度が高く、同時に重層的なアルゴリズムが体感できるものとなっています。
是非ご鑑賞ください。

shadowtimes編集部

 


鈴木崇|Takashi SUZUKI  《Fictum -beat and vision》

鈴木崇(アーティスト)

http://takashisuzuki.com/

写真メディアを介在させることによって、日常的に目にするものを普段の知覚とは異なる見え方へと再定義し直し、別の認識を与える作品を制作している。

代表作に、食器などを洗うスポンジを即興的に構成し、何百もの幾何学的なイメージを撮影したシリーズ《BAU》や、現象である「影」を構造物のようにイメージさせるシリーズ《ARCA》、一部を除きイメージのほぼ全体をアウトフォーカスで撮影した風景のシリーズ《Altus》などがある。

今回のスライドショーでは、新たなシリーズ《Fictum》のモチーフとして撮影された日本の都市のイメージを、音源のセグメントとして使用している。

 

プロフィール

The Art Institute of Boston写真学科卒業後、デュッセルドルフ芸術アカデミーのトーマス・ルフクラス研究生ならびに、トーマス・シュトゥルートのアシスタントとしてドイツに滞在。主な展覧会に、「写真の現在3:臨界をめぐる6つの試論」東京国立近代美術館(東京、2006年)、「これからの写真」愛知県美術館(愛知、2014年)等。作品集「kontrapunkt」をドイツのTRADEMARK PUBLISHINGより、「BAU」、「ARCA」をIMA Photobooksより刊行。

 

Powerd by PhotoMuisc
http://photomusic.jp/

 

関連記事

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

 

shadowtimes.hatenablog.com