読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shadowtimesβ

ビジュアルレビューマガジン

スポンサーリンク

「江戸時代=粋(イキ)は本当か?」三木学

www.sankei.com

 

江戸時代は奢侈禁止令という、ぜいたく禁止令が多発されたため、派手な色が禁止された。その結果、「地味」である茶色や灰色の微妙な差異の色が無数に生まれ、「四十八茶百鼠」と形容されるくらいだった、というのが日本の色彩史ではよく書かれていることだ。

 

伝統的な植物染の第一人者として知られる吉岡幸雄の『日本人の愛した色』(新潮選書)には、文献からは茶色は80種、鼠色は70種が確認できると述べられている。茶色は当時人気の歌舞伎役者の色などがつけられいるが、青茶のような、暖色と寒色を組み合わせた矛盾した色もあり、実際の色がどのような色だったのかすべては確認できないだろう。しかし、茶色、鼠色という名をつけることで、奢侈禁止令の範囲内で出来る限りのバリエーションを作っていたことがわかる。

 

また、派手な色を裏生地にして、表面からは見えなくすることも流行したとも言われている。それは粋の文化とつながる。

 

しかし、その頃の上方はどうだったか?どうもそうでもないらしい。権力から遠い上方には奢侈禁止令もそこまで効力はなく、そこそこに派手だったということがわかってきているようだ。

 

奥野卓司の『江戸時代「粋」の系譜』(アスキー新書)には以下のように書かれている。

「江戸時代の文化の多くが、上方で創造された。そののちに、多数の文化的要素が、上から江戸に下る。歌舞伎や人形浄瑠璃も、もとは上方で生まれたが、それが江戸に下り、とくに歌舞伎では、江戸で元禄時代に市川團十郎が「荒事」を完成し、文政時代に鶴屋南北、末期に河竹黙阿弥らによって、独自の江戸の歌舞伎に発展した。清酒も、京都市中の酒は宮中に収めていたが、伏見と摂津の灘の酒は江戸へ下り、下り酒となった。同様にして、醤油も上方から江戸に下った。これらによって、上方のナレズシに対し、江戸では早鮨、江戸前鮨が生まれた。そして、この過程で、同じ文化要素であっても、江戸は「粋(イキ)」、上方では「粋(スイ)」が良しとされたように質的にはかなり異なったものに変容した」

 

色彩文化も我々は単線的に考えがちだが、国によっても地域別にかなり違う。今年、400年記念とされている、色使いの上手い琳派も京都で発祥し、江戸に受け継がれた。江戸時代=粋(イキ)という見方も見直さなければならないだろう。

 

参考文献

日本人の愛した色 (新潮選書)

日本人の愛した色 (新潮選書)

 

 

江戸「粋」の系譜 (アスキー新書)

江戸「粋」の系譜 (アスキー新書)

 

 

フランスの色景 -写真と色彩を巡る旅

フランスの色景 -写真と色彩を巡る旅

 

 

関連記事

 

shadowtimes.hatenablog.com

 

shadowtimes.hatenablog.com